いちゃもんスローライフ

地球の声を聞きませんか

スローフード 日記 田舎の生き物 田舎生活

きくいも

三年前に実家から持ってきた菊芋を畑の隅に植えておいたのが随分増えている。去年は五キロ以上掘り起こしたが加工するのには精一杯で土中にはまだ残っていたがそのままにしておいた。菊芋の漬物は割と良い出来だったので友人たちに分けた。最初は特段愛着もなく沢山畑にあるので利用しないのも勿体ない位の考えだった。もちろん健康食品として有効であることは知っていたが最初に食べた時の印象があまり良くなかったのかも知れない。雪が解けてそろそろ畑に作付けしようと土起こししていたら菊芋が出てきた。腐ってなかったのを見て放っておいても大丈夫なんだと分かり、栽培が簡単でタフ、無施肥でも繁殖力が旺盛な菊芋は殖やし甲斐があるなと大いに見直したのだった。友人も「分けてね」と言っている。この頃その菊芋を時々食べているのだがお腹の具合がよい。感覚的には腸内環境が変わっていくような感じだ。よく変化していく予感がじわじわと空想を後押しするようで、真夏に黄色の花を見上げている自分の姿を見てちょっと嬉しくなった。

-スローフード, 日記, 田舎の生き物, 田舎生活